日テレNEWS
国際
2011年2月4日 8:09

両派衝突で10人死亡、1500人以上ケガ

 エジプトでは、反政府側のデモ隊と大統領支持派の間で衝突が続いており、ロイター通信などによると、これまでに10人が死亡した。4日には最大規模の反政府デモが予定されており、エジプト全土は緊迫の度を増している。

 ロイター通信などによると、これまでに10人が死亡、1500人以上がケガをした。外国メディアも大統領支持派の標的になっており、日本人ジャーナリスト1人を含む多数のメディア関係者がケガをした。

 カナダのテレビ局のキャスター「デモ参加者が後をつけてきて、突然、カメラマンの顔を殴った。その後、数十人がカメラマンに襲いかかって殴り始めた。助けようと思ったが、人数が多すぎてなすすべがなかった」

 こうした中、大統領支持派の攻撃は、警察などが関与したとの見方も浮上している。

 反政府デモ主催者「彼らはムバラク(大統領)の支持者ではない。軍や警察の人間だ。彼らのIDがそれを照明している」

 政府側は、事件の背後関係について調査を約束するとともに、大統領選挙の立候補条件の緩和など民主化手続きを進める考えを示し、反政府勢力に対話を呼びかけた。しかし、事実上の最大野党勢力であるムスリム同胞団などは対話を拒否、4日にはイスラム教の金曜礼拝の後、再び大規模な反政府デモが行われる予定。流血の拡大を受けてムバラク大統領が身を引く決断をするのか、大きな山場を迎える。