×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • プリゴジン氏に対する「肯定的な評価」半減も…依然3割が支持 露独立系世論調査機関

プリゴジン氏に対する「肯定的な評価」半減も…依然3割が支持 露独立系世論調査機関

2023年6月30日 10:04
プリゴジン氏に対する「肯定的な評価」半減も…依然3割が支持 露独立系世論調査機関
プリゴジン氏

ロシアの独立系世論調査機関は29日、反乱を起こしたプリゴジン氏に対する肯定的な評価は半減したものの、依然3割が支持しているとの調査結果を公表しました。

独立系世論調査機関「レバダセンター」によりますと、調査は6月25日から28日にかけて、ロシア全土で1634人を対象に面接方式で行われました。

その結果、反乱を起こした民間軍事会社ワグネルの創設者、プリゴジン氏の活動を肯定的に評価している割合は、反乱直前(6月22日~23日)と比べると半減しましたが、依然3割近くがプリゴジン氏の活動を支持していることがわかりました。(プリゴジン氏への支持 反乱直前:58% 今回:29%)

プリゴジン氏の印象については、27%が「率直・正直」、23%が「リーダーシップがある」、18%が「行動力がある」と評価しているということです。また、非合法である民間軍事会社の利用や囚人の採用については、57%の回答者が「容認」とし、29%は「反対」だと答えました。

一方、プーチン大統領については、80%前後の支持を維持していて、これまでと大きな変化はありませんでした。