日テレNEWS
国際
2016年4月15日 22:00

制服組トップが南沙諸島を視察~中国国防省

 中国国防省は15日、軍の制服組トップが南シナ海の南沙諸島を視察したと明らかにした。

 視察したのは中国軍の制服組トップである中央軍事委員会の范長竜副主席。視察の時期は最近で、南沙諸島に駐留している兵士らを慰問したという。

 アメリカ軍は今月15日までフィリピン軍と合同で中国を念頭に置いたとみられる軍事演習を行っていて、今回、視察を公表した背景にはこうした動きをけん制する狙いがあるものとみられる。