日テレNEWS
国際
2016年10月25日 5:57

“難民キャンプ”撤去へ 移民らの移送開始

“難民キャンプ”撤去へ 移民らの移送開始
(c)NNN

 アフリカや中東からヨーロッパへ渡った移民や難民のテントが集中し問題となっているフランス北部の街カレーで24日、全面撤去に向けた移民らの移送が始まった。

 移民らが違法に占拠していた一帯は「ジャングル」と呼ばれ、対岸のイギリスを目指す移民ら約6400人が雑木林を切り開いた劣悪な環境の中で生活していた。24日、移送が始まり、早朝から多くの移民らが長い行列を作った。

 ジャングルの移民「16か月もここにいる。人生を変えたい」

 当局は1週間をメドに、移民らをフランス国内の約450か所の施設に移送したい考えだが、強制ではないため、ジャングルに残るという移民も少なくない。

 ジャングルの移民「イギリスに行く。バスには乗らない」

 また、今回の移送は移民らを分散させるだけで根本的な解決にはなっておらず、今後、新たなジャングルができる可能性も指摘されている。