日テレNEWS
国際
2016年11月10日 1:21

独メルケル首相 トランプ氏に責任感求める

 中東やアフリカからの移民や難民を数多く受け入れているドイツのメルケル首相は、トランプ氏に対し、同じ価値観を踏まえて緊密に連携していきたいとの考えを示した。

 メルケル首相はトランプ氏の勝利を祝福し、強大な国を率いるにあたっての責任感を求めた。

 また、両国はいずれも、出身地や肌の色、宗教、性別などに関係なく、自由と人権が尊重される国であるとし、この同じ価値観を踏まえて緊密に連携していきたいとの考えを示した。

 トランプ氏は、選挙運動の中で、移民や難民に対する厳しい発言が目立っていて、逆に難民らに寛容な姿勢をとっているメルケル首相がクギを刺した形。