×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 16日の北朝鮮“ICBM発射”受け国連安保理が緊急会合 一致した対応とれず

16日の北朝鮮“ICBM発射”受け国連安保理が緊急会合 一致した対応とれず

2023年3月21日 6:00

北朝鮮が今月16日にICBM(=大陸間弾道ミサイル)を発射したことを受け、国連の安全保障理事会は20日に緊急会合を開きましたが、一致した対応はとれませんでした。

北朝鮮が今月16日に弾道ミサイルを発射したことを受け、国連安保理の緊急会合が20日に開かれ、日本は理事国に対し、一致した対応をとるよう呼びかけました。

国連日本代表部・志野光子次席常駐代表「全ての理事国が核不拡散の呼びかけに参加し、北朝鮮に抜け穴を与えないよう強く求めます」

さらに、アメリカは名指しで「中国とロシアは理事会を妨害することで、北朝鮮が弾道ミサイルを平然と発射することを奨励している」と非難しました。

一方、中国とロシアは、アメリカと同盟国が朝鮮半島周辺で行っている合同軍事演習が北朝鮮を挑発していると主張、安保理として一致した対応をとることはできませんでした。

会合後、日本やアメリカなど10か国は、北朝鮮が弾道ミサイル発射と核実験を行わないように求める共同声明を発表しました。