日テレNEWS
国際
2018年10月23日 7:15

サウジ記者装う男が観光名所で着替えか

トルコで起きたサウジアラビア人記者死亡事件でアメリカCNNは22日、死亡したカショギ氏になりすまして総領事館から出てきた男が世界的な観光名所・ブルーモスクのトイレで私服に着替えていたと報じた。

CNNによると、カショギ氏がサウジ総領事館を訪れた際に身につけていたものと同じ服を着た男が、事件当日、世界的な観光名所・ブルーモスク周辺の防犯カメラに映っていたという。

男はブルーモスクの中に入り、トイレで私服に着替えて外に出たという。この男はカショギ氏が総領事館に入った約1時間半後にカショギ氏の服装やメガネを身につけ、さらにはつけヒゲまでしてカショギ氏になりすましていたとしている。

CNNはこの男について15人の暗殺チームの1人で、カショギ氏が生きて総領事館を出たように偽装工作をしたとみられると伝えている。