日テレNEWS
国際
2019年4月13日 1:12

釜山・総領事館そばの“徴用工像”強制撤去

韓国・釜山の日本総領事館そばの歩道に、いわゆる徴用工を象徴する像が置かれていた問題で、釜山市当局が12日午後、像を強制的に撤去した。

釜山の日本総領事館そばの歩道に置かれていた徴用工像は、12日夕方、釜山市の行政代執行により強制撤去された。

この徴用工像をめぐっては、韓国の労働団体が去年4月以降、日本に謝罪と賠償を促すとして日本総領事館前に設置すると繰り返し主張してきたが、11日に行われた地元の区役所との協議で像を近くの公園に設置することで合意したと発表していた。

しかし、釜山市当局は「法律上、不可能だ」として、総領事館に近い公園への設置も認められないと表明。別の場所に移さなければ、像を強制的に撤去すると警告していた。

日韓関係への影響も考慮したとみられ、労働団体側は「日本政府が望んでいたことに公務員数百人が動員された」と強く反発している。