×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 金総書記立ち会いのもと16日にICBM「火星17」の発射訓練 北朝鮮メディア報じる

金総書記立ち会いのもと16日にICBM「火星17」の発射訓練 北朝鮮メディア報じる

2023年3月17日 9:02
金総書記立ち会いのもと16日にICBM「火星17」の発射訓練 北朝鮮メディア報じる

北朝鮮メディアは、金正恩総書記立ち会いのもと、ICBM=大陸間弾道ミサイル「火星17」の発射訓練を16日に行ったと報じました。

17日付の「労働新聞」は、平壌の国際空港で16日、ICBM「火星17」の発射訓練を行い、金総書記が指導したと報じました。第2子のジュエ氏とみられる姿も確認できます。

ミサイルは高度6045キロまで上昇し、およそ69分かけて1000キロ飛行。日本海上の目標水域に着弾し、周辺国家の安全に影響はなかったなどと主張しています。

金総書記はアメリカと韓国による合同軍事演習を非難し、「軍事的蠢動が持続し拡大されるほど、取り返しのつかない脅威が重大な水準に至ることを悟らせる」などと警告、「武力衝突と戦争にも臨めるように、戦略武力の迅速対応態勢を厳格に維持していく」と強調しました。

米韓の合同演習は来週23日まで続き、北朝鮮のさらなる軍事行動も懸念されます。