日テレNEWS
国際
2020年7月14日 21:17

南シナ海巡り中国“米こそ平和破壊”と反発

アメリカのトランプ政権が、中国の南シナ海での領有権を巡る主張を否定したことについて、中国政府は14日、「アメリカこそ地域の安定と平和を破壊している」などと強く反発しました。

アメリカのポンペオ国務長官は、13日、南シナ海での領有権を巡る中国の主張について「完全に違法で法的根拠がない」などと否定する声明を発表しました。

これに対し、中国外務省の報道官は14日、中国政府の主張は「十分な歴史と法的根拠があり、国際法にも符合する」と強調しました。

その上で、「アメリカこそ地域の平和と安定を破壊するトラブルメーカーである」と強く反発するとともに挑発をやめるべきだと主張しました。