日テレNEWS
国際
2020年11月11日 5:07

米イーライリリー抗体医薬品に緊急使用許可

アメリカのFDA(=食品医薬品局)は9日、製薬大手・イーライリリーが新型コロナウイルスの治療薬として開発した抗体医薬品に緊急使用許可を出しました。

緊急使用許可が出たのは、アメリカの製薬大手・イーライリリーが新型ウイルスの治療薬として感染者の抗体を基に開発した「抗体医薬品」です。

FDAは今回、症状が軽度から中程度の12歳以上の患者に対して緊急使用を認める決定をしました。臨床試験の結果、投与された患者の重症化を防ぎ、入院や救急外来を必要とする割合が低下したとしています。一方で、入院患者や人工呼吸器が必要な重篤な患者については、症状の悪化を招く恐れがあるとして使用は認めていません。

ワクチンが実用化されていない中、抗体医薬品には有効な治療法として期待が集まっていて、イーライリリーは年内に100万回分の供給を見込んでいます。