×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 北朝鮮「超大型ロケット砲2発発射」と発表 発射から1時間あまり…異例のスピード対応

北朝鮮「超大型ロケット砲2発発射」と発表 発射から1時間あまり…異例のスピード対応

2023年2月20日 17:20

北朝鮮は20日朝、戦術核を搭載できる超大型ロケット砲を2発発射したと明らかにしました。

北朝鮮は発射から1時間あまりで最新のロケット砲だと明らかにし、その後もすぐに写真を公開する異例のスピード対応で、アメリカと韓国への反発を示しました。

北朝鮮の国営テレビは、発射から5時間後の20日正午頃、写真を使いながら、20日朝、朝鮮人民軍の部隊が超大型ロケット砲を使い、射撃訓練を行ったと報じました。仮想の標的を設定し、日本海に向けて2発を発射したとしています。

使用したのは口径600ミリの最新型の超大型ロケット砲で、「敵の飛行場に4発を撃ち込む威力を誇る戦術核の攻撃手段だ」と主張しています。

防衛省はいずれも日本のEEZ(=排他的経済水域)の外に落下したと推定しています。

一方、韓国軍は、発射地点は平壌の北側にある粛川と分析し、「平和と安定を害する重大な挑発行為」だと非難しました。

通常、北朝鮮は発射の翌日に発表を行ってきましたが、当日のうちに写真まで公開するのは異例です。

金正恩総書記の妹・与正氏も20日に談話を発表し、「太平洋を我々の射撃場に活用する頻度は、アメリカ軍の行動にかかっている」として、今後、日本列島を越えるミサイル発射の可能性も示唆しました。

今回、北朝鮮側は米韓の空軍が19日、戦略爆撃機などを動員して行った合同軍事演習に反発した形です。これを受けて、韓国政府は北朝鮮に対する追加の独自制裁を発表し、さらに来月にかけても合同軍事演習の実施を計画しています。

双方が対抗措置を重ねている状況で、朝鮮半島をめぐる緊張の度合いが高まっています。