日テレNEWS
国際
2021年3月27日 17:24

IOC、東京五輪の大会関係者数を大幅減

IOC(=国際オリンピック委員会)は、東京オリンピック・パラリンピックへの参加を認める大会関係者の数を大幅に減らすことを決めました。

IOCは26日、今年夏の東京大会で「大会の運営で必要不可欠な役割を担う人々」以外には、「アクレディテーション」と呼ばれる大会のIDカードを発行しないと発表しました。

メダリストの招待や、IOC関係者を招いてのさまざまなプログラムを中止するなどして、大会に参加する関係者の数を大幅に減らすとしています。

今月20日には、日本政府や東京都などとの5者会談で、海外からの観客の受け入れ断念が決まりました。

IOCは今回の決定も、大会関係者の削減を求める日本政府からの要望を受けたものだとしています。