日テレNEWS
国際
2021年6月22日 9:25

五輪“感染対策”WHOが組織委らと協議へ

東京オリンピックの観客数が上限1万人と決まったことを受け、WHO(=世界保健機関)は21日、大会組織委員会や日本政府、IOC(=国際オリンピック委員会)と感染対策などについて、今週、改めて協議することを明らかにしました。

WHOの危機対応の責任者は、東京大会の観客数が「収容定員の50%以内で上限1万人」と決まったことを受け、「日本の感染者が、ここ数週間、安定的に減少していることは重要だ」と述べました。

また、大規模なスポーツイベントを開催している他の国と比べても感染者数は低い水準だという認識を示しました。

その上で、リスク管理について、今週、大会組織委員会や日本政府、IOCと改めて協議することを明らかにしました。