日テレNEWS
国際
2022年4月1日 21:48

“感染高止まり”も“隔離なしの入国”相次ぐ 東南アジア諸国

タイやベトナムでは新規感染者数が高止まりしていますが、東南アジアの各国では、隔離なしでの入国を進めています。

   ◇

東南アジアでは“開国”の動きが広がっています。

観光立国、タイをはじめ、カンボジアやベトナム、フィリピンなどでは、すでに隔離なしでの入国を受け入れています。さらに1日から新たにシンガポールとマレーシアでも、ワクチン接種を条件に隔離が全面撤廃されることになりました。

タイやベトナムでは、依然、新規感染者数が高止まりしていますが、各国は落ち込んだ経済を立て直すため、観光客らの受け入れにかじを切っています。