×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 東欧3か国首脳とゼレンスキー大統領がキエフで会談 事態打開へ結束強調

東欧3か国首脳とゼレンスキー大統領がキエフで会談 事態打開へ結束強調

2022年3月16日 14:12

ウクライナ情勢をめぐりポーランドなど東欧3か国の首脳が15日、首都キエフでウクライナのゼレンスキー大統領と会談しました。ロシアによる侵攻後、外国の首脳がキエフに入るのは初めてです。

15日、ポーランドと、チェコ、スロベニアの首相が列車でキエフに入り、ゼレンスキー大統領と直接会談しました。

会談の詳細は明らかにされていませんが、首脳らは事態の打開に向けた結束を強調しました。

ゼレンスキー大統領「我々はこの国々と首脳陣を信じている」「我々が話し合えば100%目標を達成できるだろう」

チェコ フィアラ首相「我々は今後も支援を惜しまない」「ウクライナに栄光あれ!」

また、ポーランドのモラウィエツキ首相は、EU=ヨーロッパ連合が積極的に支援すべきとの考えを示しました。

ロシアによる侵攻後、外国の首脳がキエフに入るのは初めてです。ロシアによる攻撃が続く中、ゼレンスキー大統領は各国に支援と連帯を呼びかける活動を活発化させています。

15日にはカナダ議会でオンラインで演説し、ウクライナ上空に飛行禁止区域を設置するよう改めて求めたほか、ロシアへの制裁のさらなる強化を訴えました。

ゼレンスキー大統領「空域を封鎖してください。爆撃を止めてください」

また、ゼレンスキー大統領は16日にはアメリカ議会でもオンラインで演説する予定です。