日テレNEWS
政治
2010年3月5日 19:23

“県内移設”なら裏切り王~自民党・佐藤氏

“県内移設”なら裏切り王~自民党・佐藤氏
(c)NNN

 5日の参議院予算委員会でアメリカ軍普天間基地(沖縄・宜野湾市)移設問題が取り上げられ、自民党・佐藤正久議員は「移設先が県内だった場合には、鳩山由紀夫首相は『日本の裏切り王』になる」と追及した。

 佐藤議員「首相が沖縄の方で、最低でも県外の方向で積極的に行動するということを大衆の面前で言った。どこかにアテがあって言われていたのかなあと思ったら、この前の答弁を見てガッカリした。正直言って、虚言・妄言・選挙原理主義。首相は日本の裏切り王と言われるかもしれませんよ」

 鳩山首相「県民の皆様方の感情を当然思いやることは、私は非常に重要なことだと思う。一方で、国の安全保障という立場から、例えば普天間を移設する場合に、機能をどのように移転させることが可能かというような観点からも検討することは大変重要ということは言うまでもない」

 また、佐藤議員は県内移設に強く反対している社民党・福島党首に対し、「移設先が県内だった場合には連立政権を離脱するのか」とただしたが、福島党首は「沖縄県民の思いを大事にしながら、現在内閣の中で頑張っている」と述べるにとどまった。