日テレNEWS
政治
2010年9月3日 19:22

「菅氏が民主党代表にふさわしい」72%

「菅氏が民主党代表にふさわしい」72%
(c)NNN

 民主党代表選挙が告示されてから3日までの3日間、NNNは緊急世論調査を行った。「菅首相と小沢前幹事長のどちらが代表にふさわしいか」との質問では、「菅首相」と答えた人が72.0%で、「小沢氏」の16.1%を大きく上回った。

 菅首相が代表にふさわしい理由については、「短期間で首相を代えることは良くないから」が55.8%に上った。一方、小沢氏が代表にふさわしい理由は「政策を実現できる力がありそうだから」が47.8%となっている。

 また、小沢氏が幹事長を辞任してから約3か月で代表選に立候補したことについては、82.0%の人が「納得しない」と答えた。「納得する」と答えた人は12.4%にとどまっている。

 今回の代表選で最も議論してほしいテーマとしては、49.0%の人が「医療や年金などの社会保障制度」と答え、続いて「円高や景気対策」(45.5%)、「消費税と財政再建」(35.5%)の順となっている。

 また、菅内閣の支持率は55.2%と、先月より12.4ポイント上昇した。

 NNN電話世論調査
 【1~3日に調査】
 【全国有権者】1004人
 【回答率】57.0%
 http://www.ntv.co.jp/yoron/