日テレNEWS
政治
2010年10月31日 17:24

日ベトナム首脳 原発建設“日本受注”合意

 菅首相は現地時間31日、ベトナム・ハノイでズン首相と会談し、ベトナムが進める原子力発電所の建設を事実上、日本が受注することで合意した。

 会談でズン首相は、ベトナムが予定している原子力発電所2基の建設について、「日本をパートナーとすることを決定した」と菅首相に伝えた。事実上、日本への発注を表明したことになる。閣僚や電力会社のトップが相次いでベトナム入りするなど、日本側の官民挙げての働きかけが功を奏した形。

 さらに両首脳は、ハイテク製品に欠かせない材料で、中国への依存が問題となっている希少な鉱物資源「レアアース」を、ベトナム国内で共同開発することでも合意した。

 菅首相は「実り多い成果を得ることができた」と会談の内容を評価した。

 一連の日程を終えた菅首相は、31日夜に帰国する予定。