日テレNEWS
政治
2014年6月11日 12:40

きょう午後 今国会初めての党首討論

きょう午後 今国会初めての党首討論
(c)NNN

 今の国会で初めてとなる党首討論が11日午後、行われる。安倍首相に対し民主党の海江田代表、日本維新の会の石原共同代表らが論戦を挑む。

 11日の党首討論では、安倍首相が強い意欲を示す集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の変更などについて、議論が交わされる見通し。党首討論は11日午後3時から行われ、海江田代表、石原共同代表のほか、みんなの党の浅尾代表が参加する。安倍首相は、11日も集団的自衛権の行使容認についてその必要性を改めて訴える見通し。

 一方、海江田代表は安倍首相に対し「恣意的な憲法解釈の変更で、集団的自衛権の行使を容認することは認められない」などと追及する方針。ただ、民主党内からは「目に見える成果が上がっていない」などと海江田代表の交代論も出始めている。今回の首相との論戦で一定の成果をあげられないと、こうした批判がさらに強まる可能性がある。

 また、維新の石原共同代表は、集団的自衛権の行使容認をめぐり安倍首相の方針を支持し、協力する姿勢を示すものとみられる。