日テレNEWS
政治
2015年3月12日 16:47

自民党、北朝鮮制裁措置の延長を了承

自民党、北朝鮮制裁措置の延長を了承
(c)NNN

 政府は12日、来月中旬に期限が切れる北朝鮮に対する独自の制裁を2年間延長する方針を自民党の会議で説明し、了承された。近く閣議決定することにしている。

 自民党・古屋圭司拉致問題対策本部長「昨年の7月にドアをこじ開けたわけでございますが、北朝鮮という国はそう簡単にいく国ではございません」

 延長されるのは、輸出入の全面禁止や人道目的を除く北朝鮮の船舶の入港禁止などの措置。北朝鮮による拉致被害者の再調査の報告が遅れていることなどから、来月中旬までとなっているこれらの制裁措置を2年間延長することにしたもの。自民党が、12日に了承したことを受け政府は、制裁の延長を近く閣議決定する方針。

 政府は去年7月、北朝鮮が再調査を開始したことを受けて制裁を一部解除している。これらについては引き続き、解除されたままとなるが、12日の会議では出席者から「再調査に進展が無く、制裁を戻すべきではないか」との意見も出たという。