日テレNEWS
政治
2016年2月19日 14:35

安倍首相vs野田前首相3年ぶり因縁の対決

安倍首相vs野田前首相3年ぶり因縁の対決
(c)NNN

 衆議院の予算委員会で19日午後1時から、安倍首相に対し、民主党の野田前首相が質問に立った。衆議院議員の定数削減をめぐり、激しいやりとりが行われた。

 議員定数の削減は、民主党政権時代に当時の野田首相と自民党の安倍総裁が実施を約束した経緯がある。野田前首相は「現在も実現していないのは国民にウソをついたことになる」とただした。

 野田前首相「2013年の通常国会で、定数削減を含む選挙制度改革をしっかりやりますよと言った。その約束を受けて、私はあなたから要請のあった衆議院を解散するという約束を果たしたのです。11月14日の党首討論、そして11月16日に(衆院)解散をした。私は約束を果たしたつもりです」

 安倍首相「お互い共同責任です。誰かだけに責任があるのではない。我々は(定数)30減という提案をしています。残念ながら合意にいたらなかったのは、本当に残念だと思っています。ただ残念と言うことは3党みんな代表して名前書いているんですから、3党がそれぞれ責任をかみしめなければならない。私は自民党総裁としてのリーダーシップをちゃんと発揮していきたいと考えている」

 安倍首相はこのように述べ、近く公表される国勢調査に基づいて定数の10削減を前倒しする方針を示した。野田前首相はその後も「遅きに失した定数の10削減で終わるべきではない」と厳しくただしている。