日テレNEWS
政治
2016年7月5日 12:42

小池氏と石原氏が“候補者選び”協議へ

小池氏と石原氏が“候補者選び”協議へ
(c)NNN

 東京都知事選挙の候補者選びは大詰めの調整が続いている。立候補を表明している自民党の小池百合子元防衛相は5日、自民党東京都連の石原会長と会談し、候補者の一本化について協議する。

 石原会長との会談を前に小池氏は5日朝、自民党の推薦が得られなくても出馬に踏み切るのか「会談を受けて決めていきたい」と述べるにとどめた。

 小池氏「きょうの内容によりますけれども、それを踏まえてどうするかということは、きょうの内容に応じて決めていきたいと思っている」

 石原会長は小池氏に対して、前岩手県知事の増田寛也氏への候補者の一本化に理解を求めるものとみられ、小池氏がどのように対応するかが焦点。自民党内には分裂選挙もやむを得ないとの声がある一方で、参議院選挙への影響などを懸念し分裂は避けるべきだとの考えもあり、5日の会談では結論が出ない可能性もある。

 一方、小池氏は5日朝、国会内で会見し、一部報道で小池氏が、支援者が所有するビルの一室を事務所として相場の半額程度で借りており、支援者からの寄付にあたるのではないかと指摘されたことについて、家賃が安いというのは「ねつ造だ」などと反論した。

 小池氏「つまるところ印象操作と、そして私自身の手足を縛る封じ込め作戦ではないかと。このような陰湿・ひきょうな方法、これについては断じて許すわけには参りません」

 さらに小池氏は「ねつ造に対しては立ち向かっていく」と強調した。