日テレNEWS
政治
2016年8月8日 23:13

北のミサイル備え 破壊措置命令を発令

北のミサイル備え 破壊措置命令を発令
(c)NNN

 当面は常に破壊措置命令が発令された状態になる。

 北朝鮮による弾道ミサイルの発射に備え、稲田防衛相は自衛隊に破壊措置命令を出した。命令はミサイルやその破片が落下してきた際に撃ち落とすためのもので、これまではミサイル発射の兆候が確認された際に一時的に出されていたが、8日以降は当面、常に発令された状態となる。

 命令を受け、東京都新宿区の防衛省には地上型の迎撃ミサイル(=PAC3)が展開された。