日テレNEWS
政治
2017年3月14日 21:18

安倍首相、二階幹事長らと都議選の対応協議

安倍首相、二階幹事長らと都議選の対応協議
(c)NNN

 今年7月に行われる東京都議会議員選挙をめぐって公明党が小池都知事率いる地域政党と選挙協力を行うことを受け、安倍首相は自民党の二階幹事長と会談し、公明党の協力がなくても挙党態勢で勝利を目指す方針を確認した。

 都議選をめぐっては、公明党が13日、長年連携してきた都議会自民党の代わりに、小池知事の地域政党である「都民ファーストの会」と選挙協力を行うことを発表した。これを受けて安倍首相と二階幹事長、東京都連の下村会長が会談して対応を協議し、自民党単独で勝利を目指す方針を確認した。

 二階幹事長「公明党がなくても、自民党は自民党で地力を発揮してこの選挙を勝ち抜くと、こういうことですよ」

 安倍首相はこれまで、小池知事との全面対決を避けるため、状況を見守る姿勢を示してきた。7月の都議選では小池都知事や公明党と対決する形となるが、安倍首相は「党を挙げて取り組む」と挙党態勢で勝利を目指す決意を強調したという。