日テレNEWS
政治
2017年11月27日 18:30

自民関係者に200万円 岸和田市長認める

自民関係者に200万円 岸和田市長認める
(c)NNN

 大阪府岸和田市の現職市長が4年前の市長選挙の際、支援を取り付けるために自民党関係者に現金200万円を渡したことが分かった。関係者の証言に加え、市長本人も認めている。関係者は、その金を今の国会議員に渡したと証言した。

 27日朝に会見した自民党関係者は、4年前の岸和田市長選挙で当時、新人として立候補した信貴芳則市長が自らを通して、現在、国会議員になっている人物に現金200万円を渡したと証言した。目的は「自民党の推薦を得るため」だったという。

 自民党関係者「座布団の下に100万円の封筒を入れました。裏金と、とっていただいてもいい」

 一方、26日の岸和田市長選で再選を果たした信貴市長は27日に会見を開き、関係者へ現金を渡したことを認めた。

 信貴市長「うながされて、あんばいしてあげるからということで(渡した)」

――200万円という額も彼(自民党関係者)の指示だった?
 信貴市長「はい。裏金という認識はない」

 現金を受け取ったと名指しされたのは衆議院議員の神谷議員で、27日午後、「指摘の事実はない」とコメントを発表し、資金提供を否定した。