日テレNEWS
政治
2019年5月23日 7:36

消費税や改憲で衆院解散は難しい~二階氏

消費税や改憲で衆院解散は難しい~二階氏
(c)NNN

衆参同日選挙が取りざたされる中、自民党の二階幹事長は、消費税率引き上げの延期や憲法改正を争点に衆議院を解散することに否定的な考えを示した。

自民党・二階幹事長「消費税の問題を国民の皆さんにこれ以上、これでもかってこすりつけて解散するというのは、愚の骨頂ですよ。今、にわかに憲法をテーマにして解散する、そんなこと言ったって実際は難しいんじゃないですか」

二階幹事長は、消費増税や憲法改正を大義に解散するのは難しいとの見方を示す一方で、「大義は1日あったら作れる」「首相が決断をしたら反対はしない。常在戦場だ」とも述べ、党内の引き締めをはかった。

また、二階幹事長は22日夜、小泉元首相や小池東京都知事らと会食し、衆参同日選挙などについて意見交換した。

小泉元首相「(Q:解散の話は出たか?)はっは、話題は出たけど。(Q:具体的にはどのような話が?)解散は総理の専権事項!憲法問題を選挙の争点にしちゃいかん。それはみんな一致している」

出席者は、消費税や憲法改正を争点にした衆議院の解散はあり得ないとの見方で一致したという。