日テレNEWS
政治
2019年8月1日 23:57

日韓 対抗措置の応酬となるか

日韓関係が悪化する中、注目の日韓外相会談が行われ、河野外相が間もなく取材に応じる予定。会談が行われたタイのバンコクから、清田大輝記者が中継で伝える。

     ◇

河野外相は、韓国への輸出管理の強化は、安全保障上必要な見直しだと強調するものとみられる。

日本政府は、輸出手続きを優遇するいわゆる「ホワイト国」から韓国を除外する閣議決定を2日に行う方針で、会談で河野外相は、粛々と手続きを進める姿勢を示したものとみられる。

これに対し康京和外相は、中止するよう強く求めると共に、「除外を閣議決定するならば、必要な措置を講ずるしかない」と、対抗措置の可能性に言及し、日本側をけん制した。しかし、この措置の具体的な内容には触れなかった。

日本政府はさらなる対抗措置も検討していて、このままでは対抗措置の応酬となる可能性もある。

また、会談では、関係悪化の発端ともいえるいわゆる元徴用工訴訟について、河野外相が日本企業に実害が生じないよう、改めて対応を求めたが、韓国側から新たな方針などは示されず、進展はなかった。