日テレNEWS
政治
2019年10月25日 12:21

菅原経産相辞任 安倍首相「任命責任私に」

菅原経産相辞任 安倍首相「任命責任私に」
(c)NNN

自らの選挙区の有権者に金品を配った疑いが指摘されている菅原経済産業相が、安倍首相に辞表を提出した。

菅原経産相は25日の衆議院経済産業委員会で疑惑について説明すると話していたが一転、辞任となった。

菅原経産相「私の問題に関して国会が停滞をする、法案審議ができないということは、私の本意ではありません。このことを重く受け止めまして、先ほど安倍総理に辞表を提出した次第です」

菅原経産相は「きょうの経産委員会の準備もしていたが、一晩考えて決意した」などと説明した。

公職選挙法で禁じられている選挙区の有権者に秘書が香典を渡したという疑惑については、菅原経産相自ら通夜に行くつもりだったが、台風19号への対応で行けなくなり翌日の葬儀に出席して自らも香典を渡した。秘書も香典を渡していたことはその時点で確認しておらず、結果的に2つの香典を渡したため、ひとつ戻ってきたと説明した。

ただ、葬儀に際して有権者に花をおくっていた疑惑については説明しなかった。

一方、安倍首相は自らの任命責任を認め、謝罪した。

安倍首相「任命責任は私にあり、こうした事態になってしまったことに対しまして、国民の皆様に深くおわびを申し上げます」

また、安倍首相は後任に梶山弘志元地方創生担当相をあてる考えを明らかにした。安倍政権としては早期の幕引きをはかった形だが、追及の場を奪われた野党は反発している。国会では25日予定されていたすべての委員会が開かれておらず、与野党の幹部らが今後の対応について協議した。

立憲民主党・安住国対委員長「経済産業委員会の理事会に本人(菅原経産相)が出てきて、マスコミフルオープンの場で理事会で質疑をさせてほしいと、そうでなければほかの委員会は質疑できないと(伝えた)」

与野党は折り合わず、午後、再び協議するという。野党側は、引き続き、菅原経産相に説明を求めると共に安倍首相の任命責任を追及する構え。