日テレNEWS
政治
2020年4月29日 16:05

緊急事態宣言…安倍首相「依然厳しい状況」

緊急事態宣言…安倍首相「依然厳しい状況」
(c)NNN

一律10万円の給付金などを盛り込んだ補正予算案が、衆議院を通過し参議院での審議が始まりました。野党側は来月6日に期限を迎える緊急事態宣言を解除できるかどうかただしました。

宣言の解除に向けて安倍首相は、「依然厳しい状況が続いている」との認識を示した上で、専門家の意見を踏まえて最終判断する考えを重ねて示しました。

立憲民主党、蓮舫副代表「残り1週間で5月6日です。宣言終わらせることができますか」

安倍首相「残念ながら現状でもですね、感染者累積においてもですね、この新たな感染者の数においても、増加が続いているわけでございます。5月6日にこれで緊急事態が終わったと言えるかどうかについては、依然厳しい状況が続いているんだろうと思いますが、ただ今ここで私が判断することはできない。専門家の皆様に分析をしていただきご意見を賜りたい」

また、立憲民主党の蓮舫副代表は判断の時期について、「直前に延長と言われても現場が混乱する」などと指摘しました。

これに対し、安倍首相は「行政の立場としてはそういうことも勘案して判断したい」と述べる一方、「専門家は、ぎりぎりまで見たいということなのでいつ国民にお伝えできるか協議している」と述べました。

また、西村担当相は「大まかな考え方は早めに示して頂ければと(専門家に)お願いしている」と説明しました。