×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 自民・萩生田政調会長、“統一教会”との付き合い認め「思いが足りなかった」 「反省」

自民・萩生田政調会長、“統一教会”との付き合い認め「思いが足りなかった」 「反省」

2022年8月18日 16:29
自民・萩生田政調会長、“統一教会”との付き合い認め「思いが足りなかった」 「反省」

霊感商法被害などが問題となっている、いわゆる統一教会をめぐり、自民党の萩生田政調会長が18日午後、関連団体との付き合いを認め「反省している」と述べました。

自民党・萩生田政調会長「私自身は、旧統一教会のかつての社会的な問題については、今そういうことはないという認識をしてたんですが、いまだいろんなことで苦しんでいらっしゃる方がいらっしゃる、このことには少し思いが足りなかったというふうに反省をしております」

萩生田氏は、教団の関連団体「世界平和女性連合」との付き合いを認めました。その上で、教団の関連団体との認識があったかについては「名称が非常に似ているのでそういう思いはあったが、あえて触れなかった」と述べました。

参議院選挙直前の今年6月に自民党の生稲参議院議員とともに教団の施設である「八王子家庭教会」を訪問した事については、「私が了解して行った」「女性連合の集まりという認識で行ったが、生稲氏は知らなかったと思う」と述べました。

萩生田氏の事務所は、これまでスタッフが調整したと聞きました、と説明していました。

また、「教団とは今後、関係を築かないか」と問われ、萩生田氏は「適切な対応をしていきたい」と述べるにとどめました。