日テレNEWS
政治
2021年1月26日 11:46

菅首相が陳謝「医療体制提供できていない」

菅首相が陳謝「医療体制提供できていない」
(c)NNN

衆議院の予算委員会で菅首相は、新型コロナウイルス対応をめぐり「提供すべき医療体制を提供できていない」と陳謝しました。

検査を受けたくても受けられなかったり感染しても治療を受けられず死亡する例が続いていることについて、菅首相が陳謝した形です。支持率低下の原因がこうしたコロナ対応の不備にあると初めて認めました。

立憲民主党・辻元副代表「公助によって、救えなかった命があるんだという責任はお感じですか」

菅首相「必要な検査を必要なときに受けることができない。そうした体制ができていない。そうしたことについては、責任者として、大変申しわけなく思います」

立憲民主党・辻元副代表「何を望んでいるのか国民は、どのように、どんな批判が耳に届いてますか」

菅首相「必要な医療を受けられる、必要な医療には必要な医療を提供させる、提供できるような、そうした体制をできてない。そういうことに対して国民の皆さんが、不安を感じてるというふうに思います」

立憲民主党の辻元副代表は今年度の第3次補正予算案について「GoToトラベルはやめて医療に全部振り向けるべき」と指摘しました。これに対して菅首相は、「医療について必要な予算は確保している」と応じませんでした。

また、辻元氏が東京オリンピック・パラリンピックについて「医療体制を考えたらフルでやるのは不可能ではないか」と指摘したのに対して、菅首相は「万全な安全安心の体制を組む中で、準備していきたい」と話しました。