×

日比首脳会談…沿岸監視レーダー供与などで合意

2023年11月4日 0:37

フィリピンを訪問している岸田首相は、マルコス大統領と首脳会談を行い、フィリピンに対し、南シナ海で領有権を争う中国を念頭に沿岸監視レーダーを供与することなどで合意しました。

岸田首相
「法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序を維持強化し、人間の尊厳が守られる世界を確保していくために協力を強化していきたい」

今回の首脳会談は、“中国を念頭に置いた連携”を強く打ち出した内容となりました。

その象徴が、日本が同志国などに軍事的なインフラ支援を行う「OSA=政府安全保障能力強化支援」を初めて適用し、フィリピンに沿岸監視レーダーの供与を決めたことです。

フィリピンが、南シナ海で中国と領有権を争っていることを念頭に置いたものに、ほかなりません。

さらに、自衛隊とフィリピン軍が互いの国で訓練などを行う際に、入国手続きなどを簡素化する「日比部隊間協力円滑化協定」の締結に向け、交渉を開始することでも一致しました。

ある外務省幹部は「フィリピンの安全保障能力を強化することは日本の安全保障にとっても役立つ」と話すなど、強引な海洋進出を進める中国を念頭に、両国の連携強化を強く打ち出した会談となりました。

会談後、「力による一方的な現状変更は容認できない」と改めて強調した岸田首相。アメリカだけでなく東南アジアの国とも協力を深めていく考えです。