日テレNEWS
政治
2021年11月26日 21:39

新変異株「特に対応すべき」指定…水際強化

新変異株「特に対応すべき」指定…水際強化
(c)NNN

新型コロナウイルスの新たな変異株が南アフリカなどで見つかったことを受け、松野官房長官は、南アフリカなど6か国について水際対策の強化を発表しました。

松野官房長官「南アフリカ共和国に加えて、同国の周辺国であるエスワティニ、ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、レソトの計6か国について、検疫所の確保する宿泊施設での10日間待機対象の指定国・地域に指定しました」

松野長官は、南アフリカを中心に感染が広がっている新たな変異株を「特に対応すべき変異株」に指定した上で、南アフリカなど6か国について水際対策を強化すると発表しました。

具体的には、6か国からの入国者や帰国者について指定の宿泊施設で10日間の待機を求め、入国後3日目、6日目、10日目にウイルス検査を行います。

これらの措置は27日の午前0時以降に日本に入国する人に適用されます。