×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 立憲が文化庁からヒアリング「疑惑さらに深まった」“統一教会”名称変更

立憲が文化庁からヒアリング「疑惑さらに深まった」“統一教会”名称変更

2022年8月4日 23:16
立憲が文化庁からヒアリング「疑惑さらに深まった」“統一教会”名称変更

いわゆる統一教会が名称を変更した際、文部科学大臣をつとめていた自民党の下村博文議員は、文化庁に対し、現在は黒塗りになっている文書を開示するよう求めました。この問題で、立憲民主党が文化庁などからヒアリングを行いました。

ヒアリングの場で、名称変更をめぐる文書の提出を求めたにもかかわらず、文書は黒塗りのままでした。

これについて、西村幹事長は「疑念や疑惑がさらに深まった」と指摘し、「当時のやりとりを明確にして説明してほしい」と求めました。

また、西村幹事長は、自民党の茂木幹事長に対し、この問題に関する調査組織を設置するよう求めましたが、拒否されたということです。