日テレNEWS
社会
2022年1月19日 16:43

東京の花粉飛散量 去年の1.5倍の見込み

東京の花粉飛散量 去年の1.5倍の見込み
(c)NNN

東京都は、今年の花粉の飛散量について、去年の1.5倍となる見込みだと発表しました。

東京都によりますと、春にかけて都内で予想されるスギやヒノキなどの花粉の飛散量は、ほぼ過去10年の平均並みで、例年よりも少なかった去年に比べると、1.5倍となる見込みということです。

例年よりやや早い、来月12日~16日ごろから花粉が飛び始める見込みで、都の担当者は、「薬など、早めの対策をしてほしい」と呼びかけています。