日テレNEWS
社会
2011年8月12日 17:30

岩手の薪からセシウム、送り火で使用中止へ

岩手の薪からセシウム、送り火で使用中止へ
(c)NNN

 京都・五山の送り火で岩手・陸前高田市の薪を燃やす計画をめぐり、京都市が放射性物質の検査を行ったところ、表皮の部分から放射性セシウムが検出された。京都市は送り火での使用を中止するとしている。

 京都市は、12日午後3時から緊急の会見を開き、陸前高田市から届いた薪を検査したところ、表皮の部分から一キログラム当たり1130ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。薪の内部からは検出されなかったが、京都市は送り火での使用を中止するとしている。

 送り火をめぐっては、陸前高田市の松を、五山の一つ「大文字」で燃やす計画が一旦中止され、批判の声が相次いだことを受けて、11日、大文字を含む五山全てが別の薪500本を受け入れることを決めたばかりだった。

 薪から放射性物質が検出されたことについて、京都市・門川大作市長は「今回は、陸前高田から送っていただいた薪を使用することを断念せざるを得ません。誠に残念な結果であり、心からおわび申し上げたいと思います」と述べた。

 京都市は、全ての人の理解を得るのは難しいとして、陸前高田市から届いた薪については処分を検討するとしている。