日テレNEWS
社会
2014年11月11日 1:32

認知症可能性 血液検査で見つける方法開発

認知症可能性 血液検査で見つける方法開発
(c)NNN

 認知症の原因となるタンパク質が脳にたまっていることを血液検査のみで見つける方法が開発された。

 これは国立長寿医療研究センターとノーベル賞受賞者である島津製作所の田中耕一氏らが発表したもの。アルツハイマー型の認知症は、ヒトの脳にアミロイドベータというタンパク質が多くたまると、神経の細胞が壊れ、数年後に認知症になると考えられている。

 研究チームは、認知症になる人は、血液中に、ある特殊なタンパク質が増え、アミロイドベータの量を超えていることを発見した。そして、この2種類のタンパク質の量をわずかな血液の分析で調べることに成功した。つまり、血液検査だけで認知症になる前の「予備軍」の人を見つけることができるとして、治療薬の開発のほか、将来は血液検査で認知症の可能性をはかることをめざすという。