日テレNEWS
社会
2015年4月6日 18:45

茨城県内の「指定廃棄物」は当面“仮置き”

茨城県内の「指定廃棄物」は当面“仮置き”
(c)NNN

 放射性物質を一定の濃度以上含む「指定廃棄物」の、茨城県内での処理方法をめぐり、6日、仮置きしている県内14の市と町の会議が開かれ、最終処分場は新たにつくらず、仮置きを当面続けることで、議論は大筋でまとまった。

 環境省は、仮置きを続けた場合の安全確保や財政措置などを検討した上で、最終的に判断することにしている。