日テレNEWS
社会
2015年5月21日 21:46

箱根・芦之湯温泉 国民保養温泉地に指定

箱根・芦之湯温泉 国民保養温泉地に指定
(c)NNN

 神奈川県箱根町にある芦之湯温泉が今月、国民保養温泉地に指定され、21日、箱根町長に指定状が交付された。

 環境省では21日午後、北村環境副大臣から国民保養温泉地の指定状が箱根町の山口町長に交付された。国民保養温泉地は、温泉の効能や湧出量などを基に、国民の保健休養に重要な役割を果たす温泉地として国が指定しているもので、芦之湯温泉は全国で92番目、神奈川県内では初めて指定された。鎌倉時代から湯治場として機能し、「箱根七湯」の一つとしても知られる芦之湯温泉では、今回の指定を受け、知名度アップと観光客の増加に期待を寄せた。

 箱根芦之湯観光協会・川辺ハルト会長「効能が豊かと、特に美肌系、そういったことにはいいと証されています。ぜひ安心して箱根を楽しんでもらって、この新緑や温泉の恵みに触れてもらいたいと思います」

 山口町長は、活発な火山活動が続く大涌谷から箱根にある各温泉地は離れていて安全なので、多くの観光客に楽しんでほしいと話した。