日テレNEWS
社会
2022年7月8日 20:06

安倍元首相銃撃 “爆発物”とみられるもの押収 容疑者宅の家宅捜索続く

安倍元首相銃撃 “爆発物”とみられるもの押収 容疑者宅の家宅捜索続く

8日昼前、奈良県で選挙応援の演説中の安倍元首相が銃で撃たれました。安倍元首相は病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。家宅捜索が行われている容疑者の自宅前から中継です。

山上徹也容疑者(41)の自宅前では、午後7時15分ごろ、大きな動きがありました。

また、爆発の危険性があるものが見つかったということで、爆発物を処理するものと思われる機材を積んだトラックが、マンションの前に到着しました。機動隊員か爆発物処理班の隊員がマンションから出てきまして、危険物と思われるようなものを運んできて、その機材と思われるものに入れたような様子が見られました。

この車両は、午後6時半ごろにサイレンを鳴らしていったん出て行ったんですが、またこの現場に戻ってきました。

警察の捜索ですが、銅線のようなものが取り付けられた“爆発物”とみられるものが押収されたということです。

奈良県警によりますと、山上容疑者は調べに対し、犯行について「安倍元総理の政治信条に対する恨みではない」と供述しているということです。

また、山上容疑者が使った銃は手製のものとみられることが捜査関係者への取材でわかっていて、警察は、銃の作成過程や犯行前の行動などを詳しく調べる方針です。