日テレNEWS
社会
2015年7月13日 16:48

福島第一原発2号機のロボット調査、延期か

福島第一原発2号機のロボット調査、延期か
(c)NNN

 福島第一原発の2号機で来月予定されていた、ロボットを使った調査が延期される可能性が高いことが分かった。

 国と東京電力は、来月、新たに開発したロボットを2号機の格納容器の内部に入れ、事故で溶け落ちた核燃料の状態を調べる計画だった。しかし、調査を行う格納容器付近で、毎時1シーベルトを超す極めて高い線量が確認され、除染作業が進まないことから、国と東京電力は計画を延期する方向で調整しているという。

 ロボットによる調査は1号機に続いて2回目で、今回は倒れても自力で起き上がれるよう改良され、溶け落ちた核燃料を撮影することが期待されている。