日テレNEWS
社会
2015年10月17日 1:50

拉致被害者家族「一日も早い帰国を」

拉致被害者家族「一日も早い帰国を」
(c)NNN

 北朝鮮による拉致被害者の家族らは新たに拉致問題の担当となった加藤勝信大臣と16日に都内で面会し、一日も早い被害者の帰国を訴えた。

 加藤拉致担当相「拉致問題の解決を最優先で取り組む姿勢には何ら揺らぎがない」

 加藤拉致担当相は就任以来初めて拉致被害者の全国の家族と面会した。拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表は、拉致担当相が拉致問題以外も兼務していることは残念だとした上で、一刻も早くすべての被害者が帰国できるよう力を注いで欲しいと述べた。

 飯塚繁雄代表(77)「(拉致担当相に)『いつまでに日本人(拉致)被害者を帰してくれるのかということをはっきり意思表示してもらいたい』と言ったことについては、(担当相は)答えられないという一言でした。また時間がかかるかなという思いを私自身はしました」

 横田めぐみさんの母・早紀江さん(79)「これは国家が侮られている問題で、子どもたちがまだ悲鳴をあげているわけですから、本気で総理とともに力を合わせて取り戻して下さいと申し上げました」