日テレNEWS
社会
2015年12月5日 12:52

忘年会シーズン…「飲酒運転」を取り締まり

忘年会シーズン…「飲酒運転」を取り締まり
(c)NNN

 忘年会シーズンに入り、飲酒の機会も増えるこの季節、4日夜から5日未明にかけて全国一斉で飲酒運転の取り締まりが行われた。

 この取り締まりは、飲酒による事故を減らそうと全国で一斉に実施されたもので、警視庁では4日午後8時から5日未明にかけて、幹線道路や新宿、池袋の繁華街周辺など都内113か所で検問を行った。

 警視庁によると、この取り締まりで12件の酒気帯び運転が摘発されたという。

 都内では今年、飲酒運転による死亡事故が4日までに5件あり、前年同期比で半減しているということだが、これから忘年会シーズンを迎え、飲酒の機会が増えることから警視庁は引き続き、飲酒運転の取り締まりを強めることにしている。