日テレNEWS
社会
2016年2月13日 12:04

横田早紀江さん「しっかりした姿勢崩さず」

横田早紀江さん「しっかりした姿勢崩さず」
(c)NNN

 北朝鮮の国営メディアが12日夜、拉致被害者を含む全ての日本人に関する調査を全面的に中止し、調査を行う「特別調査委員会」を解体すると発表したことについて、拉致被害者・横田めぐみさんの母・早紀江さん(80)が13日朝、取材に応じた。

 横田早紀江さん「制裁なんか、あんな形ですれば、(北朝鮮は)また何を言ってくるんだろうなという感じはみんな持っていて、政府もそういうことは、ある程度は考えてはいらっしゃってると思う」「日本もしっかりした姿勢を崩さずに、みんな(被害者)が元気で、本当に元気で帰ってきてくれさえすれば、他に望むことはありません」

 また、「今の方法がダメだったら、別の方法を取ることもできると思う」と話し、政府に被害者帰国に向けた努力を続けるよう求めた。

 一方、母親の曽我ミヨシさんの帰国を待つひとみさんは「正直、焦りを感じています」「どんな方法でもいいので、一日も早く家族を取り戻せるようにしてください」とコメントした。