日テレNEWS
社会
2016年7月22日 15:43

海からのテロ想定 五輪選手村予定地で訓練

海からのテロ想定 五輪選手村予定地で訓練
(c)NNN

 4年後の東京オリンピック・パラリンピックを控え、選手村などの予定地、東京湾の晴海ふ頭で22日、警視庁と東京海上保安部によるテロ対策訓練が行われた。

 訓練は、テロリストが乗った小型船が選手村を襲撃するため晴海ふ頭に上陸を試みる、という想定で行われた。

 東京海上保安部の巡視船がテロリストの船を追跡し、銃撃戦の末に制圧するが、ターミナルに侵入していたテロリストの仲間が乗客を人質に逃走する。最後は警視庁の銃器対策部隊がテロリストを制圧し、人質を救出した。

 警視庁などは、今後も訓練を通じてテロ対策を強化していきたいとしている。