日テレNEWS
社会
2016年9月22日 0:35

「もんじゅ」廃炉を含め抜本的な見直し

「もんじゅ」廃炉を含め抜本的な見直し
(c)NNN

 政府は21日、福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」を廃炉にする方向で取りまとめる一方で、もんじゅが中核を担ってきた日本の原子力政策「核燃料サイクル」は堅持することを確認した。

 政府は21日に開いた原子力関係閣僚会議で、もんじゅについて、廃炉を含め抜本的な見直しを行うことを決めた。一方、使用済み核燃料からプルトニウムを取り出して再利用する核燃料サイクルと呼ばれる原子力政策については、今まで通り推進することを改めて確認した。

 世耕経産相「核燃料サイクルの開発方針は維持する。具体的にどうやっていくかは、高速炉開発会議という会議を立ち上げて、年内にまとめていくということが、きょう決定されました」

 もんじゅが中核を担ってきた核燃料サイクルに必要な高速炉の研究開発については、茨城県にある実験用原子炉「常陽」を活用する案や、フランスで計画中の高速炉と共同研究を行う案などを検討するという。