日テレNEWS
社会
2016年9月29日 13:53

フェリー火災 トラック電気配線から出火か

フェリー火災 トラック電気配線から出火か
(c)NNN

 去年、北海道の沖合で起きたフェリー火災で、国の運輸安全委員会は、船に載せていたトラックの電気配線から出火した可能性があるとする経過報告書を公表した。

 この事故は去年7月、北海道の苫小牧沖を航行中の旅客フェリー「さんふらわあだいせつ」で火災が発生し、二等航海士の男性が死亡したもの。

 運輸安全委員会によると、当時、船に載せていたトラックの冷凍機から火が出ているのが目撃されており、冷凍機のモーターの配線にショートした跡が残っていた。配線は3本すべてが1度切れた後、人為的につなぎ直され、危険な「素人配線」状態だったという。

 国土交通省は全日本トラック協会(=JTA)に対し、すべての冷凍機の電気配線が適切か確認するよう求める通達を出した。