日テレNEWS
社会
2016年10月8日 0:35

水泳連盟「計画通り」主張 東京都の調査に

水泳連盟「計画通り」主張 東京都の調査に
(c)NNN

 東京オリンピック・パラリンピック。成功への“模索”が続いている。開催費用が膨らみ、“会場の見直し案”が出る中、対象になっている競技関係者が都の聞き取り調査を受けた。

     ◇

 都政改革本部・上山信一特別顧問(9月29日)「今のやり方のままやっていると(開催費用は)3兆円を超えると。これが我々の結論です」

 「3兆円を超す」と指摘された東京五輪の開催費用。中でも、建設予定である水泳会場の「アクアティクスセンター」、バレーボールの「有明アリーナ」、ボートとカヌーを行う「海の森水上競技場」、それぞれの整備費は立候補時から倍増し、“海の森”にいたっては7倍にまで膨れ上がっている。

 そのため、先週「都政改革本部」の調査チームは、“競技会場の見直し案”を提案。しかし、競技団体などからは反発も出ている。

 そして7日夕方、調査チームによる聞き取りのため、日本水泳連盟の安部副会長が都庁を訪れた。水泳会場に関して、調査チームは、観客席数の目標やレガシー(大会後の遺産)の見直しも指摘。既存の施設に会場を変更する案などが示されている。

 聞き取り調査終了後の午後7時半前、安部副会長は、取材に対し、次のように答えた。

 日本水泳連盟・安部喜方副会長「(Q:水泳連盟として一番きょう伝えたことは?)オリンピックならびにレガシーで、十分使えるようプールをつくってくださいと。計画通りつくってくださいとお願いしてまいりました」

 水泳連盟は「すでにIOCとも調整した上、決定した計画だ」として、予定通り進めるよう強く求めている。

 難しいかじとりを迫られる小池知事。この聞き取り調査を前に行われた会見で、次のように話していた。

 Q「きょうから始まる(見直し案に関する)『競技団体のヒアリング』が、東京オリンピック・パラリンピックの成功にかなり重要になってくると思いますが、どのように進めますか」

 小池都知事「各競技団体、まさしくアスリートのみなさんの声を聞くと。ラストチャンスなのでね、コストチェックの。その意味ではいろいろな世論調査がありますが、8割の方々が『見直しをすべし』とお答えいただいている。(各競技団体は)東京大会を機会にレガシー・聖地を、という思いはよくわかりますが、そこに疑問点を抱かさないようにすることも、私は、主催都市としての責任ではないかと思っております」

 東京オリンピックに向け、残された課題は多い。