日テレNEWS
社会
2016年11月19日 18:07

野球・ソフト連盟会長、五輪会場候補を視察

野球・ソフト連盟会長、五輪会場候補を視察
(c)NNN

 2020年の東京オリンピックで実施される野球・ソフトボール競技の予選の会場を決めるため、世界野球ソフトボール連盟会長が福島県を視察した。

 世界野球ソフトボール連盟のフラッカリ会長は19日、福島県で内堀雅雄知事と会談した。その後は、予選の会場候補となっている福島市の「県営あづま球場」と、郡山市の「開成山野球場」を視察した。

 福島県内では、野球とソフトボールの日本戦の予選1試合ずつが開催される見通しで、組織委員会は福島市の「県営あづま球場」で実施する方向で最終調整している。

 フラッカリ会長「プロにふさわしい試合を開催するために必要な条件、そういったことを中心にチェックしてまいります」

 最終的な会場決定は、来月初旬のIOC理事会となる見込み。